結婚と愛犬との別れ|ペットくすりでの海外個人輸入のご注文はこちらから

ペットくすり,海外,個人輸入

結婚と愛犬との別れ

ペットくすり,海外,個人輸入

ペットを飼うことが多いのは女性ではないでしょうか?男性はどちらかというと世話をすることよりもされることの方が好きだからです。

 

独身で愛犬を飼っている女性が結婚を決めたときに愛犬をどのようにするのかはいくつかのケースがあるようです。

 

まず一番多いのが、実家に預けてしまうケースです。もしも結婚前から親と同居されている場合には、ペットへのストレスは一番小さいのかもしれません。しかし飼い主であった女性がいなくなることで、ペットが家出をしてしまったというケースも報告されています。こればかりはペットの性格が大きく影響されることでもあります。

 

次に、新居にペットも連れていくケースです。これにはパートナーの了解を得る必要があると思いますが、新婚当初なら、女性の願いを、ほとんどの男性は許可することなので、大きな問題にはならないでしょう。しかし、男性の方がアレルギーを持っているとか、単にペットが嫌いだという場合には、二人の仲に溝ができてしまう原因となるので、ペットと結婚のどちらを重視するかによって、選ぶ選択肢が変わってくるでしょう。

 

最後には、見知らぬ誰かに上げてしまうケースもあるようです。もちろん保健所に連れていくということも含まれているでしょうが、この手段を選ぶ飼い主はもともとからペットを飼うという資格がなかったともいえるでしょう。


トップへ戻る